【開催中止】次回の京都移住茶論の開催決定!11/17(土)

移住者の声

VOICES

京都に移住した方にその理由やバックグラウンドなどをお聞きしました。

  • いまいる場所から動く不安と離れて気づく地元の大切さ

    from

    移住したきっかけや想い

    就職を機に、住み慣れた宇治を離れ、配属先として東京に行きました。刺激的で面白い方に沢山会え、仕事もとても楽しかったです。ですが、ふと子ども授かりたいなぁとか、実家に帰ると気づく鶯の鳴き声やカエルの鳴き声などを聞いたりとか。そういう自分の暮らしに目を向けた時、自分以外の存在がもっと近くに生きる生活が、なんだか自分らしいなぁと考えるようになりました。離れて気づく地元の大切さをまさに体感したわけです。2年ほどかかりましたが、捨てるもの、得るものを整理してやっとUターン。当時、いまいる場所から動くことはとても不安でしたが、今は想像していたよりずっと楽しい生活で、帰ってきてよかったなぁと感じます。

  • 不思議な感覚をもっと味わってみたくて京都に

    fromsaitama

    2012

    Iターン

    移住したきっかけや想い

    京都によく観光に来ていて、関東人である私にとっては憧れの地でした。京都は古い文化と新しい文化がうまく融合しているように感じられ、その不思議な感覚をもっと味わってみたくて京都にきました。社会人から学生に戻るのに合わせて移住先を考えましたが、自分一人の意志で住む場所を決められるのは最後だと考えた時に、真っ先に思いついたのが京都で、移住を決意しました。

  • 旅行で京都が大好きになり住んでみたくなった

    fromaichi

    2013

    Iターン

    移住したきっかけや想い

    福岡県から愛知県に引っ越してからは、京都が近くなったことをきっかけに、よく旅行に行くようになりました。次第に京都が大好きになり、さらには「住んでみたい!」という気持ちが…仕事も辞めて念願の京都府民に。一番のきっかけは、「京都移住計画茶論」への参加です。26才になり、いろいろと考える年になりましたが 、背中を押して頂きました。

  • 京都でも面白い仕事や暮らしをする可能性を感じた

    fromtokyo

    2012

    Uターン

    移住したきっかけや想い

    「将来は京都で何かしたい」という思いがありましたが、結婚の節目(相手の実家も京都という事)や会社を辞めるという選択肢を模索して、京都と東京を行き来する中での人との出会いが最も大きなきっかけです。人を介して、京都でも面白い仕事や暮らしをしていける可能性を感じたので、それを体現したいという想いが強くなりUターンしてきました。

京都移住計画について

わたしたちは、京都で暮らしたい人の想いを形にする任意団体として、2011年から活動を開始。
首都圏から京都にUターンや、Iターンしてきた仲間と共に
「居・職・住」という移り住む人にとって必要なことをお届けしています。