トップページ

移住者の声

VOICES

京都に移住した方にその理由やバックグラウンドなどをお聞きしました。

  • 刺激と癒し、都会と自然、最先端と伝統のバランス

    fromosaka

    2009

    Iターン

    移住したきっかけや想い

    理由としては二点あって、一点目は、今まで自分が仕事や活動、生活をしていく中で多くの友人や仲間をつくり、その出会った人達に死ぬまで関わりたいと思ったときに、京都という場所が観光もあって人が来る可能性も高く、それを実現しやすいと思ったから…そして、二点目は刺激と癒し、都会と自然、最先端と伝統などバランスが良い町だと思ったからですね。

  • 実現したいこと=日本の文化に触れていたい=京都!

    fromsaitama

    2012

    Iターン

    移住したきっかけや想い

    一度夢ややりたいことを失い、5年ほど泥沼から這い出せない日々を過ごしました。その後やっと見つけた実現したいことが「日本の文化に触れていたい」でした。私の中で=京都!だったので、仕事の伝も知り合いも土地勘もなんにもありませんでしたが思い切って移住しました。

  • 京都に思い入れがあった訳ではなく必要とされて来た

    fromaichi

    2009

    Iターン

    移住したきっかけや想い

    Webディレクション・EC店舗運営を手伝ってくれないかというお声がけを頂き、たまたま、それが京都だったということ。京都に強い思い入れがあった訳ではなく、必要とされて来たのですが日本の歴史と文化、町と仕事と人、そして町への思いがすごくギュッと詰まっている魅力にヤラれています。

  • いまいる場所から動く不安と離れて気づく地元の大切さ

    from

    移住したきっかけや想い

    就職を機に、住み慣れた宇治を離れ、配属先として東京に行きました。刺激的で面白い方に沢山会え、仕事もとても楽しかったです。ですが、ふと子ども授かりたいなぁとか、実家に帰ると気づく鶯の鳴き声やカエルの鳴き声などを聞いたりとか。そういう自分の暮らしに目を向けた時、自分以外の存在がもっと近くに生きる生活が、なんだか自分らしいなぁと考えるようになりました。離れて気づく地元の大切さをまさに体感したわけです。2年ほどかかりましたが、捨てるもの、得るものを整理してやっとUターン。当時、いまいる場所から動くことはとても不安でしたが、今は想像していたよりずっと楽しい生活で、帰ってきてよかったなぁと感じます。

京都移住計画について

わたしたちは、京都で暮らしたい人の想いを形にする任意団体として、2011年から活動を開始。
首都圏から京都にUターンや、Iターンしてきた仲間と共に
「居・職・住」という移り住む人にとって必要なことをお届けしています。