移住者の声

  • 純粋に京都に帰りたいと思ったから。

    fromtokyo

    2011

    Uターン

    移住したきっかけや想い

    実家の家業(不動産)を手伝おうと思ったから。他でやりたいことが見つかり、自分の大好きな京都で活動したいと思ったから。純粋に京都に帰りたいと思ったから。

  • 漢方薬の魅力を発信しみんなに身近に感じてほしい

    fromtokyo

    2011

    Iターン

    移住したきっかけや想い

    東京で漢方薬の勉強をしていた時に、「何か、もっと幅広く、より深く、漢方を使い貢献できる場所がないか」と探していたところ、漢方薬専門のお店にご縁があったのがきっかけで京都に来ました。今は、少しずつ漢方に対する世間の見方が変わってきていますが、それでもまだ、なかなか身近に感じづらいものかと思います。しかし、京都を含め関西は、歴史がある街だからか興味をもっていただきやすく、手にとっていただきやすいと感じています。この環境を生かして、もっともっとたくさんの人に漢方薬の魅力を発信し、身近に感じてもらえたらと考えています。

  • 旅行で京都が大好きになり住んでみたくなった

    fromaichi

    2013

    Iターン

    移住したきっかけや想い

    福岡県から愛知県に引っ越してからは、京都が近くなったことをきっかけに、よく旅行に行くようになりました。次第に京都が大好きになり、さらには「住んでみたい!」という気持ちが…仕事も辞めて念願の京都府民に。一番のきっかけは、「京都移住計画茶論」への参加です。26才になり、いろいろと考える年になりましたが 、背中を押して頂きました。

  • 実家は遠いけど母はむしろ喜んで送り出してくれた

    fromaichi

    1990

    Iターン

    移住したきっかけや想い

    大学進学がきっかけでしたが、ずっと関西に憧れを持っていました。両親が大学時代に神戸で出会ったということもあり、関西は餃子が美味しい、とかきつねうどんの色が、とか、子供のころから食べ物の美味しさを聞いて育ったからだと思います。実家の新潟からは遠いですが、母方の祖父母が姫路に住んでいることもあり、母はむしろ喜んで送り出してくれました。高校時代の親友も京都へ進学を決めたため、周囲の後押しと自分の好奇心との両輪ですんなりと移住した感じです。

コラム-住む目線で見る京都-

仕事探し-人と場所の働くをつなぐ-

物件探し-最愛のパートナーを-