移住者の声

  • 漢方薬の魅力を発信しみんなに身近に感じてほしい

    fromtokyo

    2011

    Iターン

    移住したきっかけや想い

    東京で漢方薬の勉強をしていた時に、「何か、もっと幅広く、より深く、漢方を使い貢献できる場所がないか」と探していたところ、漢方薬専門のお店にご縁があったのがきっかけで京都に来ました。今は、少しずつ漢方に対する世間の見方が変わってきていますが、それでもまだ、なかなか身近に感じづらいものかと思います。しかし、京都を含め関西は、歴史がある街だからか興味をもっていただきやすく、手にとっていただきやすいと感じています。この環境を生かして、もっともっとたくさんの人に漢方薬の魅力を発信し、身近に感じてもらえたらと考えています。

  • 生活する場所に無関心な私に楽しみ方を教えてくれた

    fromhyogo

    2006

    Iターン

    移住したきっかけや想い

    京都に来たのは就職がきっかけです。京都という土地をそこまで意識せずに、流れるままに京都にやってきました。 歴史的な文化、綺麗な景色、親しみのある店、お洒落なカフェ…散策すればするほど新しい発見や歴史を感じる京都。気がつけば大好きになっていました。 京都の魅力を知った事で、改めて自分の住む町の事を考えるようになり、生活が豊かになりました。 京都は、生活する場所に無関心だった私に その土地の楽しみ方を教えてくれたような気がします。

  • 住んでみないと分からないことがあるんじゃないか

    from

    移住したきっかけや想い

    【もっと知りたくなったから】です。 福知山で京都北部という場所で、日々活動しています。そこで目がキラキラしている中高生や、応援していただいている素敵な大人のみなさんにたくさん出会いました。 今までは通うという形をとっていましたが、 住んでみないと分からないことがあるんじゃないかと思い、踏切ました! 今は霜がこんなに降ってくるのか?!とか、 ご当地スーパーはここが安い!とか毎日が発見です。 これからはもっと生活者目線で、見ることができていくんじゃないかなと思います。 京都北部ファンからの、住民への転身者です。(笑)

  • どっしりと過ごせる場所でくらしたい

    fromtokyo

    2012

    Iターン

    移住したきっかけや想い

    東京にいると、なんだかそわそわしてしまって、どっしりと過ごせる場所で、くらしたいと思った。九州、山陰、気になる土地を点々として住処をさがしたら、京都にいきついた。東京での暮らしを変えず(カフェや本屋があるし)、 京都ならではの暮らしもある(自転車通勤やお寺、山や川があるんだな!)。 同じような境遇で、こっちに来た人、左京区にはたくさんいる。るいともだ。 昔から住んでる人も、暮らしはじめて間もない人も、日常を楽しくしてる人が多い。素敵です。今楽しく暮らせてることに感謝。

コラム-住む目線で見る京都-

仕事探し-人と場所の働くをつなぐ-

物件探し-最愛のパートナーを-