職住一体相談会

移住を考える時の最も気になること、仕事と住まいについて。ばらばらに考えられがちですが、みなさんはいかがですか?京都ならではの職住が近い暮らしを志向されている方にも出会う機会も多く、実際にそういったかたちで移り住んでいる人もお見かけします。

そこでこのたび、「職住一体の移住個別相談会」をはじめました。
京都移住計画の代表であり【職】の担当である田村と【住】の担当である岸本が、二人一緒にご相談に乗るサービスです。

私たちは、今までたくさんの移住検討中の方々の相談を受けてきました。その経験を活かし、働き方や住まい方、ひいては暮らし方などの可能性を、しっかりとお時間をとりながらお話を聞かせて頂き、移り住む先の働きや暮らしなどを、より具体的にしていくお手伝いができればと考えています。移り住むことについてもっと具体的に考えていきたい方は、ご相談のお申し込みをお待ちしております。

  • 田村篤史
    京都移住計画代表 兼 求人担当

    田村 篤史(たむら あつし)

    京都府長岡京市出身 / Uターン
    大学卒業後は、人材関連会社に就職。 転職支援や企業の採用支援を行う。2011年に「京都移住計画」を立ち上げる。 現在は、キャリア支援、商店街、町家などのキーワードで様々な組織やプロジェクトの中での働き方を実践中。
  • 岸本千佳
    不動産担当

    岸本 千佳(きしもと ちか)

    京都府宇治市出身 / Uターン
    大学で建築を学んだ後、東京の不動産ベンチャーを経て、2014年に京都でアッドスパイスを設立。不動産企画・仲介・管理を一括で受け、建物のプロデュースを業とする。暮らしや街に関する執筆も行う。著書に『もし京都が東京だったらマップ』(イースト新書Q)。京都移住計画では、不動産担当として、移住者に最適な物件を紹介。