ほしい環境は自分たちでつくる。 働き方をアップデートする「ウエダ本社」の仕事を1日体験

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「はたらくを巡る」は、京都移住計画が企画するプチ職場体験。京都の企業を訪れ、いつもの仕事風景を見せていただきながら、会社や仕事について体感する機会です。転職検討者の方もそうでない方も、お気軽にご参加ください。

働く環境の総合商社「ウエダ本社」

1938年創業、”事務機のウエダ”からはじまり、今は”働く環境の総合商社”として展開するウエダ本社。働く人にスポットを当て、それぞれの個性を活かし、掛け合わせることで新たな価値を生むサポートを、さまざまな形で提供しています。
主なサービスは3つ。より多くの人が“いきいきと働ける場”を増やすべく、オフィスの変革に挑む「ワークプレイスデザイン」、社内風土や理念など目に見えない価値を見える化する「コーポレートデザイン」、ICTツールを用いていきいきとした働き方をサポートする「ICTシステムデザイン」です。

ほしい環境は自分たちでつくる

厚生労働省が旗振り役となり、各企業・組織で進められてきた「働き方改革」。最近では新型コロナウイルス感染症の影響により、以前にも増してリモートワークや副業など、柔軟な働き方が必要とされています。
ウエダ本社は働く環境の総合商社として、人の個性を引き出す風土づくりからマネジメントまで、「いい会社」を目指す組織づくりをお手伝い。働く人に寄り添った「ワークプレイスデザイン」を得意としています。

ウエダ本社がワークプレイスデザインを担当したオフィスの一例。

なかでも特徴的なのは、働く場を社員みんなで見つめ直す「ワークショップ」の実施です。

経営者や担当者のみにヒアリングをして新しいオフィスレイアウトを提案するのではなく、ワークショップで働く人の課題や要望を引き出した上で、風土に合わせた設計・施工やICTの導入を検討。ソフト面からワークプレイスをつくり上げます。

例えば、ワークショップで扱うのはこんなテーマ。
「月曜日の朝、オフィスにどんな風景が広がっていたらワクワクしますか?」

「コーヒーを片手に人が集まっている」「笑顔が溢れている」など、社員のみなさんから出た意見をもとに、「それなら、気軽に立ち寄れるカフェスペースがあったらいいですね」と、必要な機能や解決すべき課題を洗い出し、図面に落とし込んでいきます。

ワークショップで意見を出し合うことで、納得いくオフィスができあがり、さらには自分たちのオフィスを大切にしようという気持ちが芽生えるそう。働く環境は経営者が決めるものではなく、自分たちの手でつくれるという意識変革にもつながっています。

またコロナ禍をきっかけに、ウエダとしての働き方・はたらく場を発信するイベントも開催しています。

本プログラムでは、ウエダとお客さまのコミュニケーションの現場見学や、月1回開催しているゲストとウエダ・岡村社長のオンライン対談イベントの裏側から体験いただきます。

オンラインイベントを配信するスタジオ

企業の終身雇用が当たり前ではなくなり、リモートワークや複業など新しい働き方が注目されています。自分がどうありたいかに向き合い、生き方も働き方も選択していかなくてはならない時代。ほしい環境は自分たちでつくる気概をもち、”いきいきと働ける”場づくりのヒントを、ウエダ本社から学びませんか。

<企業コーディネーターから一言>

株式会社ウエダ本社 ひろげるチーム 浅井葉月さん

ウエダ本社は「働く環境の総合商社」として、様々なカタチでお客様の伴走支援をしています。
わたしたちが大切にしたいのは、一人ひとりが『人生』においてどうありたいのか。その内長い時間をしめる『働く』場面においてどうありたいのか。
1日体験を通してご自身が”どうありたいのか”考えるキッカケにしてもらえたら、そして発見や気づきを一緒に探求しウエダの糧にもさせてもらえたら嬉しいです。
ご一緒できるのを楽しみにしています!

ウエダ本社で過ごす1日体験

<こんな方におすすめ>
・働きやすいワークプレイスづくりに興味のある方
・理想の生き方・働き方について考えたい方
・意見を引き出すコミュニケーション方法に興味のある方

<内容・スケジュール(予定)>
・集合自己紹介
・ウエダの仕事や事例紹介
・クライアントとの打ち合わせ同席
・ウエダ主催イベントの見学、運営体験
・振り返り、まとめ

<概要>
【日程】3月18日(木)
【集合・解散時間】10時〜19時
【集合場所】ウエダ本社(京都市下京区五条堺町角塩竈町363番地)

【参加定員】3名程度(先着順)
【申込締切】3月11日(木)
【費用】昼食代実費・移動にかかる公共交通機関交通費等
【持ち物】メモするもの
【その他】
・内容とスケジュールはイメージのため、変更する可能性があります。基本はお任せ頂きます。
・参加多数の場合は早めの締切や、申込内容をもとに判断させて頂く場合があります。
・コロナの状況をみて開催や参加の判断をさせていただく場合があります

▼お申し込みはこちらから

※こちら定員に達しましたので受付を終了しました※

▼お問い合わせ
メール:asai@ueda-h.co.jp
担当:浅井

記事の作成に関わってくれたクリエイター

  • このエントリーをはてなブックマークに追加