限界に挑みつづける

ホンモノの職人をめざして

  • このコラムをはてなブックマークに追加

 株式会社京都製作所は、京都市南区久世工業団地の一角で金属加工業を営むモノづくり企業。中国アジア圏の製造業が安価な労働力を武器に躍進するなか、持ち前の高度な技術力で国内大手メーカーとの取引を継続させてきた。同社ではこのたび、その大手メーカーとの取引を継続および強化させるべく、技術営業を担当する幹部候補を募集する。

スクリーンショット 2015-11-24 18.32.52

現在、京都製作所を率いているのは、機械製造業では珍しい女性社長、鶴田亜依子さん(以下、鶴田社長)。明治35年に窯業用機械メーカーを立ち上げた初代の曾孫にあたり、父である前社長の急逝にともない、2009年、現職に就任した。先代の娘というだけでなく、約10年にわたり経理担当者として同社を支えてきた実務経験を買われての抜擢だった。

「自分に社長が務まるのか不安でしたが、ご先祖が長い間かけて築き上げてきたことを簡単にやめるわけにはいかない、やるしかないという感じでした」

No4

そんな鶴田社長をそばで支えてきた人が、夫で取締役営業次長の鶴田裕彦さん(鶴田次長)。2008年の結婚を機に大手機械メーカーから同社へ転職した。「彼はいい意味でドライというか、物事を客観的に見ることができる人。私や古参社員からは出てこないような意見が聞けてすごく助かっています」と、鶴田社長も信頼を寄せている。

一方、鶴田次長は鶴田社長をこう評価する。「先代もそうでしたが、基本的に現場は社員に委ねて、のびのびと働けるように意識しているようです。でも、社員とのコミュニケーションは密にしていて、僕より社長に相談する若手社員が多いんですよ(笑)」。

No3

現在、従業員数は15名。上は60代、下は20代まで幅広く、そのほとんどが工場で京都製作所のモノづくりを支える金属加工のプロフェッショナルだ。ひとくちに金属加工といっても、切削(フライス)加工、放電加工、研削加工などさまざまな手法があり、それらの組み合わせで一つの部品ができあがる。

同社ではマシニングセンターなど高性能加工機と職人の熟練技能の合わせ技により、1000分の1mmレベルの高精度な注文や、金属を鏡のように磨き上げる注文に対応。しかも、ネジやブラケットといった単品のみならず、100点近くの部品を組み立ててユニット化するという複雑な仕事もこなす一貫生産システムも整えている。技術者たちは各種加工、組立、検査など工程別に分かれ、連携を保ちながらそれぞれの作業に徹するという構造だ。

DSC_0149

また、受注内容や納期などの状況に応じて、工程の一部を外部発注できる協力企業が30社以上あることも大きな強みとなっている。多くが数名規模の小さな事業所だが、特殊加工技術で抜きん出ていたり、対応がすこぶる早かったりと、各社とも何らかの得意技を持つ、京都製作所をバックアップする縁の下の力持ちである。

こうした内外の優れた技術の結集によって、京都製作所は揺るぎない信頼と実績を獲得してきた。おもな取引先である東レ株式会社と系列各社との関係は30年以上におよび、実用化された製品のみならず、開発段階の試作品の製造を任されることもあるという。

「東レさんほどの大企業がうちのような規模の工場に直接依頼するというのは近年とても珍しいことなんです。もっと規模の大きな企業が間に入って孫請けになることが多いなか、こうして長年直接お取引ができるのは、やはりわが社を信頼していただいている証ではないかと自負しています」(鶴田社長)

DSC_0122

大企業との強固な関係性を保つには、職人の技術力に加えて、直接交渉を行う営業社員の力も不可欠だ。先方から受け取った設計図に基づき、技術レベルや納期などあらゆる条件を鑑みて見積り書を作成する。そのためには、さまざまな技術の値打ちを理解していなければならないし、仮に提示した金額でまとまらない場合に別の手立てを考え出せる知識や提案力もなくてはならない。京都製作所には、その仕事を約40年かけて極めたベテランの営業部長がいるのだが、そろそろ引退の時期が迫っているという。

さらに、工場の現場にも引退を控えた熟練の職人が約2名。京都製作所にとって、これらの技術・ノウハウの継承は喫緊の課題となっている。鶴田次長の言葉を借りれば、「うちは人を育てるのが苦手」らしい。

DSC_0087

「良くも悪くも昔気質と言いますか、職人肌なので人にものを教えるのが下手なんです。仕事は見て覚えるものという考えが基本としてあるので、懇切丁寧に教えることができない。新しく入った人はどうしていいのかわからなくて、結局やめてしまう、ということが何度かあって……」と、人材育成の難しさを吐露する。この問題を解決するために、NC(ナンバーコントロール)化といって緻密な職人仕事を数値制御に置き換えるシステムの導入も推し進めているが、それにも限界がある。価格交渉や、機械の組立といった煩雑な業務を数値で表すことはできないからだ。

DSC_0073

そこで、鶴田社長らは「経験の有無にかかわらず、本人のやる気や人柄を重視」という求人募集のテーマを打ち立てた。

「これまでの失敗例を振り返り、行き着いた答えですね。モノづくりや計算が得意であったほうがいいのは確かですが、それだけでは難しいと思います。とっつきにくい年配の職人さんたちが相手でもひるまずに食らいついていける、積極性のある人がいいですね」と鶴田社長は言う。

実際に近年入社した若手社員のなかには、未経験ながらやる気を見込まれて採用された人もいる。その一人が、2013年に入社し、現在は工場でボール盤と呼ばれる穴あけ加工に従事する今井大輔さん(30)である。

DSC_0039

今井さんは埼玉県秩父市の出身で、高校卒業後、美術専門学校を経て、パチンコチェーンの従業員として東京や和歌山で働いてきた。だが、結婚を機に妻の実家がある京都へ移住し、「腰を据えて長く続けられる仕事を」と転職を決意。一旦は印刷会社に就職したものの、過酷な労働環境がたたって身体を傷め、1年足らずで辞めることとなった。その次に門戸を叩いた先が京都製作所だった。

「なぜここを選んだかというと、父が金属加工の仕事なので、なんとなくイメージができたことと、求人票の『アットホームな会社』というコメントに魅かれて。以前、和歌山で働いていた時、言葉のイントネーションの違いで、うまくなじめなかったんですよね。京都は排他的といわれるけど、ここなら大丈夫かなと」

面接では、もともと絵を描いたりする地道な作業が好きであること、パチンコ店勤務で副主任まで昇進したことなどをアピールした。鶴田社長らは「この人にかけてみよう」と思ったそうだ。

DSC_0060

「言葉遣いもしっかりしていて真面目な印象を受けました。接客業のなかでも大変そうなパチンコ店で長く働いていた人だから、精神的にもタフなんじゃないかなとも思いましたね。やる気も感じられたし、未経験でも伸びる可能性は十分にあると判断しました」

すぐに採用が決まり、働き始めた今井さんは求人票にあった紹介コメントどおりの社風を実感したという。

「あのコメント通り、本当にアットホームでした。『どっから来たん?』『どこに住んでるん?』って先輩たちのほうから声をかけてくださって、すごく打ち解けやすかったです。仕事面でも、わからないところを一つひとつ丁寧に教えてくださいます。そのおかげで、この1年でかなり技術が身についてきました」

DSC_0076

今井さんの話では、先輩社員はかなり親切で面倒見がいいようで、人材育成に関する鶴田次長の話とはかみ合わない。なぜなのか。

「今井君の持ち場のベテラン社員は、かつてうちが買収した三器金型さんという会社の出身で、その人たちは教えるのがうまいんですよ(笑)。個別の作業もわりとじっくり時間をかけてやるタイプです。うちの生え抜きはテキパキやらないと気が済まないところがあって、教える前に自分でやっちゃうんです」

つまり、引退を控えた2人の職人は「教えるのが苦手」な生え抜きということ。それぞれ旋盤と組立のエキスパートで、仕事中は鶴田次長でさえ「近寄りがたい」と感じるほどのオーラをまとっているそうだ。そんな空気をあえて「読まない」で、懐に入っていけるかどうかがカギとなるのかもしれない。

DSC_0024 (1)

とはいえ、そこを突破するのには一定の時間がかかるだろう。また途中でくじけそうになることもあるだろう。そんな時、頼りになるのが工場長の徳地亮さん(40)だ。徳地さんは京都市出身で、専門学校を卒業後、大阪の旅行代理店、親戚の工場勤務を経て7年前に京都製作所に入った。彼も今井さんと同じく、手先を使う細かい作業が好きな性分。前職の工場でモノづくりにどっぷりはまり、経営難のため退職せざるを得なくなった時、同じ業界で働き続ける道を選んだ。

「前の工場よりも規模が大きく、機械仕上げだけでなく、ペーパーや砥石による手仕上げも行っているという話を聞いて、ここで自分も技術を高めていきたいなと思いました。面接をしてくれた職人さんが兄貴のように思えたことも決め手のひとつですね」

採用が決まった翌日から出社し、“兄貴”と慕う職人のもとで放電加工やワイヤー加工、さらに手仕上げの加工技術も着々と身につけていった。

「できなかったことができるようになり、先輩の仕事に少しずつ近づいていくのが自分でわかるんですよね。その達成感があるから、もっとうまくなりたい、先輩を超えたいと思い続ける。今も常に、人よりええもんを作ってみせる!という信念で取り組んでいます」

DSC_0142

工場長に抜擢されたのは入社から4年目のこと。それまでは工場の一プレイヤーに過ぎなかったが、工場長ともなれば工場全体を見渡し、計画に沿って生産管理や納期管理を行わなければならない。「工場のみんなはどう思うだろうか」「前任の工場長と比べられるんやろうな」。ネガティブな思考を封じ込め、社長や前工場長の「やってくれ」に応じることにした。

「前任の工場長と同じようにはできないと割り切って、自分なりの方法を探っていくことにしました。とくに心がけてきたのは、どうすればみんなが仕事しやすい環境を作れるか。そのために、いろんな人の意見を聞いて、そこから良い方法を採用するようにしています」

当初は無口で意見を言わなかった人も、徳地さんの働きかけによって「こうしたい」「こうすればどうか」と話しかけて来るようになり、今では「意見を言い過ぎな部分をどう抑えるかが悩み」だとか。しかし、それだけ話しやすい環境であるならば、今後、件のベテラン職人のもとで働くこととなる人たちも悩みを打ち明けやすいことだろう。徳地さんという頼もしい“兄貴”に頼らない手はない。

DSC_0110

工場はさておき、ベテランの営業部長の職人的スキルはどのようにして受け継ぐべきなのか。この職種については「幅広い技術をお金に換える仕事が好きな人」が望ましく、「機械部品等のバイヤー経験があればなお良い」とのこと。さらに、工場の場合と同じく、「積極的に学び取っていく姿勢」がなくてはならない。

「はっきり言って、営業部長も“見て覚えろ派”です。手取り足取り教えるタイプではありませんが、後継者を育てなくてはならないという気持ちは人一倍強いので、わからないことを聞けば必ず答えてくれるはずです。いずれ大企業との交渉窓口になるポジションですから、物怖じせずに誰とでも話ができるコミュニケーション力も大事になってきます」(鶴田次長)

営業部長が40年近くかけて培ったノウハウを、わずかな期間でモノにするのは不可能に近い。だからいずれは、徳地さんが工場長になった時のように、自分なりのやり方を模索し、それを実践していくことも視野に入れておいたほうがいいだろう。

DSC_0147

そもそもここで働く人は、職種に関係なく、成長しつづける気持ちを絶やすことがないようだ。今井さんと徳地さんの「これから」への思いが、それを物語っている。

「これまでは仕事を覚えるので精一杯でしたが、これからは技術をより高めるのと同時に、加工者同士で情報交換を密にしてもっとスムーズに回るようにしていきたいなと思っています。たとえば、少し削りすぎてしまった部品をそのまま流すと、あとあと問題が起きやすいんですね。そのたびに工場長どうしましょう!って聞いていたら作業が滞ってしまうので、ちゃんと情報を共有してフォローし合える環境にしていきたいですね」(今井さん)

「工場長になってから営業にも少しかかわるようになりました。そこで初めてお客さんから直接お褒めの言葉をいただけたことが、すごく嬉しくて。そういう情報をこまめに伝えるようにしたら、みんなのモチベーションがすごく高まったんですね。何らかの課題にぶつかった時も、みんなで乗り越えようという熱い空気感が生まれるようになりました。個人技を磨くだけじゃなくて、そうした情報のフィードバックでチーム力も鍛えて、もっとお客さんに喜ばれるモノづくりを追求していきたいと考えています」(徳地さん)

DSC_0592 (1)

そんな社員たちに負けじと、鶴田社長も奮起する。

「うちのビジネスモデルは、およそ30年ごとに大きく変わってきました。時代がめまぐるしく変わる今、そのサイクルが早まることも視野に入れ、信頼されてきた技術力を保ちつつ、新しい工作機械を積極的に取り入れるなどして、常にチャレンジしつづける企業でありたいですね」

最後に、勤務体制や通勤時間など暮らしまわりの状況についてもうかがった。鶴田社長によると、社員の大半は会社がある南区をはじめ、伏見区、向日市、長岡京市など近隣区域に居住。通勤手段は車やバイク、自転車を利用する割合が多いという。勤務時間は9〜17時が定時で、勤続1年余りの今井さんの場合、遅くとも19時頃には帰途に着いている。

「仕事の効率が良くなるにつれて残業は減ってきました。その日の目標プラスαが達成できたら定時の17時で帰ることもありますね。飼っているネコと遊ぶ時間もたっぷりあって満足しています(笑)」

DSC_0150

あえて不満はないかとたずねてみると、「自転車で走りにくい道が多い」くらいのものだった。南区は大型車両が走る幹線道路が多く、市街地に比べて歩行者や自転車利用者への配慮が行き届いていないのが実状。今井さんは一度、段差にタイヤを取られて転倒してしまったそうなので、自転車通勤を考えている人はくれぐれもご注意を。ちなみに、同区は工場や住宅が多いエリアにつき、雅な京情緒は期待すべからず。京都らしさを満喫したい人は、アフターファイブや休日の時間に、観光地へ足を運ぶと良いかもしれない。

今回の募集にあたり、鶴田社長はじめ京都製作所の皆さんは、自社の強みばかりでなく、「人材育成が苦手」といった会社の弱みも包み隠さず語ってくれた。彼らはそれだけ「本気」なのだ。その本気度に応える自信がある人は、ぜひともご応募いただきたい。

求人募集要項
企業名・団体名株式会社京都製作所
募集職種技術営業(幹部候補)
雇用形態正社員
仕事内容客先から支給された図面の見積が主な業務です。製作に必要な工程を想定し、それらにかかる費用の計算が重要になります。研修期間は、客先への納品、外注先への引取、簡単な出荷検査、仕上作業になります。
給与160,000円〜330,000円(幹部登用前)

※経験・年齢を考慮の上、当社規定による。
※幹部登用後は年俸制となります。
※試用期間(3ヶ月・給与変動なし)
※昇給は会社の業績に応じます。諸手当は別途支給します。

[昇給・賞与]
・昇給/有り
・賞与/年2回

[諸手当]
・交通費支給(月2万円まで)
・住宅手当(月2万円)
勤務地京都市南区久世築山町377番地5
※転勤の可能性なし
※マイカー通勤可(通勤距離3km以上の場合)
勤務時間8:00~16:50

時間外あり:月平均30時間程度
休憩時間:60分
休日・休暇休日 : 週休2日制 日曜日・祝日
休暇:年末年始、GW、夏期、会社カレンダーに準ずる
応募資格・選考基準学歴:高卒以上
資格:普通免許

金属加工が好きで、自ら積極的に行動する意欲のある方を希望します。機械図面を理解できる方が好ましいですが、初心者可です。先輩が親切に指導します。
選考プロセス下記よりエントリー

書類選考
履歴書・職務経歴書 

面接

採用

※求人内容についてご不明な点等ございましたら、エントリーフォームより直接メッセージ頂くようお願い致します。

この求人に応募する

  • このコラムをはてなブックマークに追加