移住した人・したい人が語らう場

IターンやUターンといったかたちで、京都に移住してきた人同士や京都在住の方との交流の場です。それぞれが移り住んだ物語を語る事で仲間が作れたり、中のひとと外のひとが出会う事で生まれるアイデアの種を、みんなで一緒に育てたりします。そして、みんなの暮らしがより良くなるような場を目指してゆきます。

次回の移住茶論のご案内

16142190_1234974779949860_1465170414194254263_n

スクリーンショット 2017-02-05 10.44.52

※定員となりましたので、受付は終了しております。またの機会にお会いできますのを楽しみにしております。▼ゲスト講師①
小嶌久美子さん(企画やマーケティングのフリーランサー)

【プロフィール】
1983年京都生まれ。横浜(時々イギリス)育ち、東京大学院在学中の就職活動で苦戦、将来的に独立できるようキャリアを設計。新卒で人材系企業にて法人向け営業を二年経験した後、外資系のリサーチやマーケティングの会社に転職。三年半の経験を積んだ後、広告会社の事業戦略・企画勤務を経て、2015年2月に3-4つのベンチャー企業の業務を掛け持ちするフリーランスとなる。

2015年4月に1ヶ月京都に滞在後、京都への移住に興味を持ち、同年11月に移住。リサーチマーケティングやプロジェクトマネジメントの経験、語学力を活かして、主に観光やコワーキング分野の中小規模事業者の事業立ち上げや、行政の施策策定に携わる。

▼ゲスト講師②
眞鍋 沙智さん(手描友禅作家)

【プロフィール】
1984年、愛知県出身。大学進学で京都に移り住み、在学中に京都市染色試験場手描友禅講習受講。立命館大学卒業後、友禅作家・吉田喜八郎に師事。同時に自身の作品制作を開始。2010年に工房を退職、三ヶ月ほど進退、今後について考えるため、いったん名古屋に戻るが、着物制作を続けたいと考え、京都に戻ることを決意。

 その後、寺院やギャラリーなどでの作品展示や、グループ展に精力的に参加。2011年日本新工芸新人奨励賞受賞。観る・着る・飾るという多様な機能を備えたビジュアルアートとファッションの融合としての友禅作品を志して制作。また現在は着物だけでなく、アクセサリーや、和装小物、ファッションアイテムなどをMIDNIGHT FACTORY KYOTO名義で制作、発表。

▼司会・進行

田村篤史
京都移住計画代表(株式会社ツナグム代表取締役)
http://kyoto-iju.com/
【プロフィール】
1984年京都生まれ。立命館大学在学中、APUへ交換留学、NPO出資のカフェ経営に携わる。その後休学しPRや企画を行うベンチャーにて経験を積み、卒業後は海外放浪の末、東京の人材系企業に就職。会社員の傍らシェアハウス運営なども行う。2012年4月に退職。京都へUターンし「京都移住計画」という移住促進のプロジェクトを中心に、町家活用や商店街活性といった地域に関わる仕事や、大学と連携したキャリアデザインやPBLなどの授業も行う。「人と人、人と場のつながりを紡ぐ」をミッションに、2015年3月に株式会社ツナグムを起業。
※タイムテーブルは予告なく変更となる可能性があります。
_________________________________________________
企画・運営:株式会社ツナグム・京都移住計画@東京からできること会議 共催:京都市
日時日時:2月18日(土)13時30分〜16時30分 (受付開始13時45分~)
定員30名※定員となりましたので、受付は終了しております。
参加費1,000円
タイムテーブル13:45〜チェックイン・京都移住計画のお話

14:00〜ゲストトーク「自分を活かす働き方」

15:00〜ワークショップ「移り住む先の目的を考える」

15:30~交流会(京都のお茶やお菓子をお供に)
16:30 終了
場所東京都千代田区内神田1丁目15−10
the C
アクセスJR各線「神田」駅西口まで徒歩7分、都営新宿線「小川町」駅B6出口まで徒歩4分

フォトレポート

facebookページのアルバムにリンクしています。