京都の暮らしを訪ねるまち歩き①

古民家ゲストハウス、セガレの八百屋、シェアアトリエ

  • このコラムをはてなブックマークに追加

まいまい京都さんとお届けする移住者訪問ツアーを今年も開催します。

10月のコース開催が、いよいよ残席わずかとなりました。まち歩きにピッタリの季節になってきたので、京都での暮らしを考える、味わいにお越し下さい。

今回は、京都駅の「えきにし」エリアへ。

水族館や鉄道博物館がオープンし、JRの新駅誕生が決定。複合商業施設やクリエイターの拠点がどんどん生まれるなど、いま実は京都で最も注目のエリアなんです。京都駅からすぐ他の場所に電車やバスで移動される方も多いので、意外と灯台下暗し、素敵な場所は身近にもあるんですね。

まずは、古民家をコツコツとリノベーションした「小林芳三商店」へ。
“食”を中心とした様々なイベントを開催するご夫婦のお話は、なかなか刺激的です。

京都移住計画でも昨年12月に「暮らしの箱庭」というイベントでご利用させて頂きましたが、とても素敵な場所ですので訪れてみるだけではなく、友人を招いたちょっとしたパーティーなんかでもご利用頂けるかと思います。

そして、クリエーター7組のためのシェアアトリエ「SOSAK KYOTO」へ。

クラシカルな木賃アパートは、どのように生まれ変わったのでしょうか。電車を眺めるテラス付き、京都の新たなモノ作りの拠点を訪ねます。移住検討中のクリエイターの方や、シェアアトリエってどんな様子だろう?と内覧気分でどうぞ。

当日は、こちらの物件を手掛けたadd spiceの岸本さん(移住計画の不動産担当でもあります)も同行してくれるので、色々と物件のストーリーなども聞いてみましょう。

最後は、七条商店街の八百屋「西喜商店」へ。京都へUターンした「セガレ」に、跡継ぎのリアルな話や家族での町家暮らしについても伺います。

実家が家業で、将来お店を継ごうと考えているような方、京都でお商売をすることなどを考えている方は、実体験の伴うお話が聞けると思いますので、将来の参考になるかもしれません。

もちろん美味しいお野菜も置かれているので、スーパー以外のお買い物スポットを探している人にも是非。

移住を考えている人はもちろん、最近移り住んできたという方にとっても良い機会になると思いますので、京都移住計画ならではの、場所✕人の関わりを通じて見えてくる「えきにし」を暮らしの目線で、訪ねてみましょう。

詳細・お申込みは、まいまい京都さんのWEBサイトへ

  • このコラムをはてなブックマークに追加